[12"]yumbo - 石が降る(+MP3) [ep12-001(7e.p.)]

[12"]yumbo - 石が降る(+MP3) [ep12-001(7e.p.)]

販売価格: 2,000円(税込)

商品詳細

結成20周年を迎えたyumboのキャリア初となるアナログ12"。4thアルバム『鬼火』収録の“石が降る”をリード・トラックとした全4曲収録。アートワークには、2008年に第33回木村伊兵衛賞を受賞、『螺旋海岸』『ブラインドデート』で知られ、yumboと同じく宮城県を活動基盤とし交流も深い写真家志賀理江子が自ら同曲のイメージに沿って提供した作品をフィーチャー。
B面1曲目は、“石が降る”と同じく遠藤里美(片想い、biobiopatata他)&てんこまつり(biobiopatata他)に加えトランペットにMC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド他)、そしてUS、Kレコーズからのリリースで知られるLAKEをコーラスに迎えた、アルバム・タイトル・トラックと並ぶ『鬼火』きっての人気曲であり、近年のライヴではラストやアンコールに演奏されることの多い重要曲“悪魔の歌”の12"エディット・ヴァージョン。
そして、両サイドの2曲目には同じく『鬼火』収録曲“人々の傘”をアルバムとは完全別ヴァージョンにて収録。A面ヴァージョンは、高柳あゆ子のヴォーカルとリーダー澁谷浩次もかつて参加していたマヘル・シャラル・ハシュ・バズのマスターマインド工藤冬里の奔流のようなピアノ&ギターのみという大胆極まるミックス。B面ヴァージョンは、2011年の東日本大震災発生直後、メンバー数名が避難していた仙台のbook cafe火星の庭にて収録、即時YouTubeにて公開、反響を呼んだテイク。演奏は当時のメンバー、澁谷(B)、高柳、工藤夏海(Fluegelhorn)、山路知恵子(percussion)、朝倉美幸(G)、大月俊二(Fluegelhorn)で、当時兵庫県明石市在住だった山路はSkypeにて演奏に参加している。
https://soundcloud.com/7e-p